サービス残業のことで弁護士に相談する際のコツ

現在の日本社会で大きな社会問題となっているトラブルのひとつに、ブラック企業に関するさまざまなトラブルが存在します。特にサービス残業を強要するブラック企業の存在が後を絶たず、多くの場合は労働者の弱みに付け込み、泣き寝入りする労働者が多いと言う現状が問題視されています。

そのような弱い立場の労働者がブラック企業に立ち向かう方法として、まず最初に弁護士にサービス残業について相談をするというのが有効な手段です。相談を持ちかける際には、残業代未払いの証拠などを提出することによって、後々の裁判などで有利な状況を作り出すことができるので、そのような証拠を事前に収集しておくと良いでしょう。

中には勤務時間や残業代未払いの証拠を開示しないブラック企業も存在しますが、日ごろから出社時間や退社時間などの詳細な勤務時間を毎日書き溜めておくことによっても、証拠として十分に機能するので、そのようなメモを書き溜めておくことも有効です。残業の証拠が見当たらない場合にも、パソコンのログなど何らかの証拠に使えるものがあるかも知れません。解決策を見つけるためにも、まずは、専門家へ相談してみることをおすすめします。

WEBで無料相談!労働問題に詳しい法律事務所はこちら

サービス残業を当たりまえのように強制されるケース

ブラック企業という言葉を最近よく耳にするようになりました。過剰な労働条件で従業員を酷使するような会社のことですが、昔からそういう会社はあるようです。

時間外労働が当たりまえの会社、もちろん残業代が支払われるわけでもないサービス残業。しかも半ば強要され押し付けられる。今の時代は労働基準に対し世間も厳しい目を向けていますから、むしろ昔の方が酷かったのかもしれません。しかし今でもそういう会社はたくさんあります。

なぜこの時代に改めてこう言った問題が頻出しているのか?
それは、かつての日本にあった終身雇用制が崩壊し、転職が当たり前になってきたため、従業員の会社に対する愛着、忠誠心ごがきはくになってきたからであると考えられます。ただ、従業員のたちばからすると、終身雇用が保証されているわけでもないのに賃金にならないサービスざんをする必要はない、と思う気持ちもわかります。また不当な労働条件で働かされている人もいるので、社会における大きな問題となっています。

残業代が出ないブラック企業!違法なサービス残業の実態とは?

希望を持ち社会に出て活躍をする新入社員が、その面接を受けようやく入社した後に、心を病み退社する人が増えています。その原因と言うのが、今回のテーマであるブラック企業と呼ばれる企業が行っているサービス残業が要因と言えます。

このサービス残業というのはその新入社員が入社仕立てで希望を持ちやる気が充実している事に目を付けて、その企業が利益をより上げるために残業代出ない違法の残業を行わせることを言います。これは新入社員はこの残業を頼まれると断る事が出来ない空気を作らせ、仮に断りを入れると精神的重圧をかけて仕事を辞めさせることができると脅しをかけます。そして徹夜の仕事を何度も行わせて体を壊したら、その人を切り捨てて再び新しい新入社員を入れて同じことを繰り返すのです。

それは労働基準法に置いて違法であり、これは現代の問題として国が対策を施していますが明確な結果は出ていないのが現状です。現在においてこういった企業を見抜くには自分自身がその会社の事を調べて、その労働内容と新入社員の退職の数を照らし合わせて利益が上がっているのを見たらブラック企業を疑う事が賢明と言えます。

ブラック企業からの残業代請求はあきらめずに、弁護士に相談することで回収への一歩を踏み出しましょう!

未払い残業代の悩み解決!琥珀法律事務所に無料相談してみる